【弱虫ペダルネタバレ】小野田の壮絶な過去や予想外の試合結果…

弱虫ペダル ネタバレ

 

高校生の自転車競技部に焦点を当てている弱虫ペダルは、多くのキャラクターが登場しドキドキする試合展開が魅力的な漫画です。

 

主に試合を中心に話が進んでいきますが、そこからキャラクターの個性や過去、抱えている背景などが伝わってくるので、より感情移入しやすいと言われています。

 

そんな弱虫ペダルですが、主人公の正体や今後の試合展開が気になりますよね?

 

ここでは、弱虫ペダルの主人公の正体や、試合展開などのネタバレをしていきます。

 

 

1.弱虫ペダルの主人公の正体をネタバレ!

 

弱虫ペダル ネタバレ

 

弱虫ペダルに登場する主人公、「小野田坂道」は坂道を走ることが誰よりも得意で、レースにおいてもクライマーで大きな活躍をしています。

 

子供の頃から誰もが乗る自転車ですが、クライマーになるには単純に走り続けているだけでは到底なれるものではありません。

 

日頃から厳しい練習をし、山岳特有の走り方のコツを身につけなければ、坂道を勢いよく走り続けることはできないからです。

 

スポンサーリンク

弱虫ペダル インターハイは波乱だらけ!今後のレース展開を予想!

 

今でこそクライマーとして全国にその名を知られることになった小野田坂道ですが、実は本編で隠された過去を持っているんですね。

 

その過去について、どうして彼がクライマーという素質を持っていたのかを、以下からネタバレしていきます。

 

まだ本編を読んでいない人は、これから先は注意して読んでくださいね。

 

小野田坂道は、かなりのアニメオタクで自宅から45km以上離れた秋葉原まで電車賃を浮かすために、自転車で行き来していました。

 

それを見た母親は心配し、自転車屋でギア比を低くして漕いでもあまり距離が進まないよう細工を施したほど。

 

当時、愛用していた自転車はママチャリで、競技用のものと比べても重量があるタイプなのに激坂を軽々と進むぐらい手馴れていたのです。

 

往復90kmの行き来や、激坂が自宅近く、さらには学校近くにあったので自然とクライマーが必要とする筋力や体力、漕ぐコツなどは習得していました。

 

スポーツが苦手でも、インターハイに出場しクライマーとしてその名を全国に響かせたのは、こうした過去があったからなんですね。

 

 

2.弱虫ペダルの主人公が巻島に憧れる理由をネタバレ!

 

弱虫ペダル ネタバレ

 

弱虫ペダルの主人公は、同じ高校に通う先輩「巻島裕介」を、特に尊敬しています。

 

どうして尊敬するようになったのかというと、2人にはとある「共通点」があり、小野田はそんな特徴を持つ人なんて自分しかいないと感じていました。

 

ところが同じ部活の先輩に共通点があると知り、そこから尊敬するようになったんですね。

 

では、その「共通点」とは何なのか、以下から2人の間柄についての核心に迫るネタバレを紹介するのでまだ結果を知らないなら自己責任で読み進めてください。

 

小野田坂道はアニメ研究をする部活を立ち上げようとしましたが、失敗に終わりひょんなことから自転車競技部に入ります。

 

スポンサーリンク

弱虫ペダル 荒北はなぜモテる?荒北の謎と考察、裏話まとめ

 

自身にとって初めての部活ということで、先輩との付き合いなどを知るのも、高校生になってから。

 

そんな小野田と同じクライマーとして活躍していた巻島は、気難しい性格をしていたこともあって、あまり会話はありませんでした。

 

巻島は、独特のダンシングを持っており、周囲から「キモイ」と言われても自分のスタイルを貫くことを決意しています。

 

また、巻島はおしゃべりが得意ではなく、自分のレースを見せて会話をする、「背中で語る」を実践。

 

小野田も、背中で語ることを得意とし、自分の信念を曲げないで進もうとしていたので、この2つが巻島との共通点と知ります。

 

そうして小野田は巻島を最高の先輩、手本、尊敬する人物として慕うようになりました。

 

 

3.弱虫ペダルの主要な試合結果をネタバレ!

 

弱虫ペダル ネタバレ

 

弱虫ペダルはロードレースが物語の軸となっており、高校生の部活動における大会が主要な要素を成しています。

 

ここでは、主要な試合結果をネタバレしていくので、まだ試合結果を知らない人は注意して読み進めてくださいね。

 

 

@ インターハイ1年目の結果

 

弱虫ペダル ネタバレ

 

インターハイ1年目の結果は以下の通りです。

 

  • 1日目:スプリント(田所)、山岳(東堂)、総合(金城、福富、御堂筋)
  • 2日目:スプリント(御堂筋)、山岳(御堂筋)、総合(福富)
  • 3日目:スプリント(新開)、山岳(今泉)、総合(小野田)

 

京都伏見や箱学、さらには総北といった強豪校がそれぞれの賞を獲得していますね。

 

特に落車から100人抜きをした小野田の脚力、さらにはポテンシャルの高さは全国のロードレーサーの目に焼き付いたに違いありません。

 

総合優勝を1年の小野田が獲得したことは、今後さらなる成長を遂げることが期待されます。

 

 

A インターハイ2年目の結果

 

弱虫ペダル ネタバレ

 

物語は小野田が1年進級し、2年生になり早くもインターハイ2年目に突入しています。

 

2年目の結果は以下の通りです。

 

  • 1日目:スプリント(銅橋)、山岳(真波)、総合(葦木場)
  • 2日目:スプリント(泉田)、山岳(葦木場)、総合(御堂筋)

 

インターハイ2年目は、まだ試合が行われている最中で、色々な人物の過去編が混ざるなどし、展開がゆっくりとしている状況です。

 

インターハイ2年目も終盤に差し掛かっているので、目が離せません。

 

 

まとめ

 

弱虫ペダル ネタバレ

 

ここでは、弱虫ペダルの主人公の正体や、試合展開などのネタバレをしていきました。

 

弱虫ペダルの主人公「小野田」が、どうしてクライマーになれたのかや、巻島を尊敬する理由などのネタバレは物語を読み進める上で重要な情報となります。

 

インターハイについては、1年目と2年目の2日目までの結果が分かり、今後どうなるかがますます楽しみですね。